ベアトリーチェの身体

ロバート・ポーグ・ハリスン 著 ; 船倉正憲 訳

ダンテの意図を超える。『新生』の深奥に迫る。抒情の詩篇と物語の散文が結合し対立する関係のうちに、この作品の本質を読みとる。グィド・カヴァルカンティとペトラルカの詩法に及ぶ、ダンテ『新生』論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ベアトリーチェの生(ダンテの夢
  • 理想の抒情詩
  • 愛の比喩
  • グィド・カヴァルカンティの亡霊)
  • 第2部 ベアトリーチェの死(ベアトリーチェの死とペトラルカ的な選択肢
  • 抒情詩を越えて
  • 物語による突破
  • ヴィジョンとリヴィジョン-『新生』のプロヴィジョナルな本質)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベアトリーチェの身体
著作者等 Harrison, Robert Pogue
船倉 正憲
ハリスン ロバート・ポーグ
書名ヨミ ベアトリーチェ ノ カラダ
書名別名 The body of Beatrice
シリーズ名 新生 487
叢書・ウニベルシタス 487
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.8
ページ数 284, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4588004875
NCID BN13008962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96005275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想