日本の野菜 : 産地から食卓へ

大久保増太郎 著

過食、美食と節食が共存する今、野菜が見直されている。健康志向の高まりで、栄養素としてだけでなく生体調節機能が注目されているのだ。同時に消費者の鮮度・食味・安全性への要求は厳しさを増し、これに応えて産地では品種改良や栽培技術、保存法の研究が進み、流通では鮮度保持技術の進歩が著しい。安全で美味しい野菜はどのような技術に支えられているのか。アスパラガスからレンコンまで四十余種の野菜を紹介する。挿図付載。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の野菜 : 産地から食卓へ
著作者等 大久保 増太郎
書名ヨミ ニホン ノ ヤサイ
書名別名 Nihon no yasai
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.8
ページ数 241p
大きさ 18cm
ISBN 4121012577
NCID BN13006967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96001182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想