近世数学史談

高木貞治 著

世界的数学者、類体論の高木貞治(1875‐1960)が独特の語り口で、ガウス、アーベル、ガロアらの発見を語る。巨人たちを輩出した近世数学の勃興期-フランス革命後19世紀前半までの数学史を論じて数多くの数学少年の夢を育てた本書は、そのロマンティックな時代の空気までも伝えて読む者を倦ませない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 正十七角形のセンセーション
  • 近世数学の発端
  • ガウス略歴
  • 研究と発表
  • ガウス文書
  • レムニスケート函数の発見
  • 数字計算とガウス
  • 書かれなかった楕円函数論
  • パリ工芸学校
  • 三つのL〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世数学史談
著作者等 高木 貞治
書名ヨミ キンセイ スウガク シダン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.8
ページ数 256p
大きさ 15cm
ISBN 4003393910
NCID BN13001657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96004502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想