心と体を活かす性 : セックスと脳と体の関係を科学する

石浜淳美 著

本書は人間のセックスが"股間の問題"でなく、"耳間の問題"すなわち"脳の問題"であるということを、最近の研究情報をまじえて、一般の人にわかりやすくのべたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人はセックスを脳でする!?
  • 2 性ホルモンから性中枢へ
  • 3 「立つ」のはなぜ?
  • 4 男と女のオーガスム
  • 5 性感を探る
  • 6 性感帯を支配する神経
  • 7 高齢者のセックス
  • 8 インポテンスはなぜ起こる?
  • 9 不感症はなぜ起こる?
  • 10 脳から早漏を見る
  • 11 「性欲を高める薬」は本当に効くか?
  • 12 性感は鍛えられるか?
  • 13 未完成婚と脳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心と体を活かす性 : セックスと脳と体の関係を科学する
著作者等 石浜 淳美
書名ヨミ ココロ ト カラダ オ イカス セイ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1995.8
ページ数 182, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4062570823
NCID BN13001475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96000899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想