イルカとナマコと海人たち : 熱帯の漁撈文化誌

秋道智弥 編著

かつて海の資源は誰のものでもないと考えられていた時代があった。しかし、何の制限もなく水産資源を利用すれば、枯渇は免れ得ない。東南アジア・オセアニアの海では航海術と魚獲技術に優れた漁民たちの暮らしがあり、持続的に資源を利用するための様々な海のルールがある。本書はこうした海人たちの多様な営みを、生態学、民族学、水産資源学、漁業地理学といった視点からつぶさに見つめなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 東南アジア・オセアニアの水産資源とエスノ・ネットワーク-しきたりと変容する漁撈文化
  • 第2部 変わりゆく漁民の暮し-自給から商業漁撈へ(熱帯雨林の中の漁撈〜マレー半島
  • イルカが来る村〜ソロモン諸島
  • 貝貨を作る人々-ソロモン諸島マライタ島 ほか)
  • 第3部 共有の悲劇を繰り返さないために-持続的な水産資源の利用を目指して(底曳網漁業による乱獲の危機-タイ・シャム湾
  • マングローブ域の小規模漁業-マレー半島
  • 華人漁民の世界〜マレー半島
  • サンゴ礁の貝類資源〜トンガ・キリバス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イルカとナマコと海人たち : 熱帯の漁撈文化誌
著作者等 口蔵 幸雄
後藤 明
望月 賢二
田和 正孝
秋道 智弥
竹川 大介
須田 一弘
山口 正士
書名ヨミ イルカ ト ナマコ ト カイジンタチ
書名別名 Iruka to namako to kaijintachi
シリーズ名 NHKブックス 745
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1995.8
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 4140017457
NCID BN1300133X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96047879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想