小説は何処から来たか : 二〇世紀小説の方法

後藤明生 著

小説の超ジャンル論を縦横に展開した待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本近代小説の夢と現実
  • 喜劇としての近代
  • 二十世紀小説としての新しさ
  • 方法としてのテキスト
  • 「生理学」の方法
  • 「都市小説」の構造
  • 夢のプログラム
  • 自意識の喜劇
  • 反復と引用のエクリチュール
  • 超ジャンルと楕円〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説は何処から来たか : 二〇世紀小説の方法
著作者等 後藤 明生
書名ヨミ ショウセツ ワ ドコカラ キタカ
シリーズ名 叢書l'esprit nouveau 14
出版元 白地社
刊行年月 1995.7
ページ数 430p
大きさ 20cm
ISBN 4893590995
NCID BN12996218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96023128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想