峠の廃道 : 秩父困民党紀行

井出孫六 著

明治17年、秩父・信州南佐久の農民約1万によって戦われた秩父事件。それを支えていたのは、近代国家がしつらえたのとは別の、もう一つの交通・情報網、「峠道のネットワーク」だった。廃道を歩き、事件と参加者の実像を再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 峠の廃道(峠の廃道
  • 蜂起前夜
  • 蜂起の日
  • 佐久への「長征」)
  • 第2部 秩父困民党考(田中千弥日記の背後
  • 禊教と秩父事件
  • 「電信柱ヲ折挫ク」考
  • 峠の叛乱)
  • 第3部 秩父困民党紀行

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 峠の廃道 : 秩父困民党紀行
著作者等 井出 孫六
書名ヨミ トウゲ ノ ハイドウ
書名別名 Toge no haido
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1995.8
ページ数 298p
大きさ 16cm
ISBN 4582761097
NCID BN12987603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96004102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想