原爆表現と検閲 : 日本人はどう対応したか

堀場清子 著

1945年、焼土の日本。新しい時代に期待し、ほとばしる言葉、文章。だが、周到に張りめぐらされた占領軍の検閲は、原爆の悲惨さを伝える術さえ奪っていく。プランゲ文庫に残る原爆作品を中心に、検閲個所を復元しつつ、日本人自身の表現へのこだわりを問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「原爆」体験
  • 2 日本人は検閲にどう対応したか
  • 3 あふれる表現・阻止するもの
  • 4 「言論の自由」と占領のはざまで
  • 5 原爆作品群から
  • むすびにかえて 隠蔽の罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原爆表現と検閲 : 日本人はどう対応したか
著作者等 堀場 清子
書名ヨミ ゲンバク ヒョウゲン ト ケンエツ
書名別名 Genbaku hyogen to ken'etsu
シリーズ名 朝日選書 534
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1995.8
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 4022596341
NCID BN12979809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95079793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想