文学にみる二つの戦後

アーネスティン・シュラント, J.トーマス・ライマー 編 ; 大社淑子 [ほか]訳

過去の回避と直視、記憶と忘却、連続と断絶にわれわれはいかに対峙してきたか-。廃墟から繁栄へと駆け抜けた歳月を、鏡としての文学を通して検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後風景
  • 二つの占領、二つの文学
  • 占領終了後に
  • 戦後批評と批評の制度
  • 作家は社会の良心か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学にみる二つの戦後
著作者等 Rimer, J. Thomas
Schlant, Ernestine
大社 淑子
酒井 晨史
金井 和子
ライマー J. トーマス
シュラント アーネスティン
書名ヨミ ブンガク ニ ミル フタツ ノ センゴ
書名別名 Legacies and ambiguities

日本とドイツ
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1995.8
ページ数 337, 53p
大きさ 20cm
ISBN 4022568828
NCID BN12962850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95080538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想