文明としてのソ連 : 初期現代の終焉

石井規衛 著

ソ連の崩壊とともに、初期現代も終焉した。二項対立的安定が失われた今、世界は「軟かい大衆政治状況」の危うさに直面している。20世紀世界の構図を大胆に示し「ソ連」の文明論的意味を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 座標軸の設定
  • 第2章 戦争に抱かれた革命
  • 第3章 「意図の論理」を超えて
  • 第4章 戦勝の弁証法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明としてのソ連 : 初期現代の終焉
著作者等 石井 規衛
書名ヨミ ブンメイ ト シテノ ソレン
書名別名 Bunmei to shiteno soren
シリーズ名 歴史のフロンティア
出版元 山川出版社
刊行年月 1995.7
ページ数 383, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4634480409
NCID BN12958183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95079699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想