心臓病の病態生化学

矢崎義雄 編

本書は、従来の教科書とは異なって心臓病の病態生理を生化学的な視点からとらえて、しかも理解されやすいように体系的に解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心臓の病態生化学理解のための分子生物学入門
  • 心臓の分子生物学
  • 心筋細胞の受容体と情報伝達機構
  • 加齢と心筋代謝-胎児からの個体発生も含めて
  • 心肥大の病態生化学
  • 心筋不全の生化学
  • 心筋のホルモン産生と分泌
  • 狭心症の病態生化学
  • 心筋梗塞の病態生化学
  • 再潅流の病態生化学〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心臓病の病態生化学
著作者等 矢崎 義雄
書名ヨミ シンゾウビョウ ノ ビョウタイ セイカガク
書名別名 Shinzobyo no byotai seikagaku
出版元 南江堂
刊行年月 1995.8
ページ数 262p
大きさ 26cm
ISBN 452420167X
NCID BN12955800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96011301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想