能の物語

白洲正子 著

紀有常の娘が業平との永久の愛を語り清絶に舞う「井筒」、一ノ谷の合戦で討たれた平敦盛と今は僧となり弔う直実が夢のごとき人生と無常を語る「敦盛」、ほか「隅田川」等。最大限に省略された舞台空間で無限の表現を可能にした能、視覚聴覚に訴えるその"間"と、幽玄と美を文章に写す。創造的な独自の解釈を加え物語る能の名作二十一篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 井筒
  • 頼政
  • 実盛
  • 二人静
  • 葵上
  • 藤戸
  • 熊野
  • 俊寛
  • 巴〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 能の物語
著作者等 白洲 正子
書名ヨミ ノウ ノ モノガタリ
書名別名 No no monogatari
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.7
ページ数 254p
大きさ 16cm
ISBN 4061963295
NCID BN1294265X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95073035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想