薬の作用・副作用と看護へのいかしかた

池田義雄 ほか編

本書は、ナースの日常業務のなかで、服薬指導効果をより高めてもらううえでの有用な情報が、わかりやすく、かつ実際的に書かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • A 薬の作用を理解するために(薬物療法におけるコンプライアンス
  • 薬物療法におけるナーシングプロセス
  • 薬はからだの中でどう効くか
  • 知っておきたい薬の知識)
  • B 疾患と薬の作用・副作用(高血圧
  • 狭心症・心筋梗塞
  • 不整脈
  • 動脈硬化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬の作用・副作用と看護へのいかしかた
著作者等 池田 義雄
中川 輝昭
熊坂 一成
竹内 登美子
景山 茂
書名ヨミ クスリ ノ サヨウ フクサヨウ ト カンゴ エノ イカシカタ
書名別名 Kusuri no sayo fukusayo to kango eno ikashikata
出版元 医歯薬
刊行年月 1995.6
版表示 第2版.
ページ数 457p
大きさ 26cm
ISBN 4263231252
NCID BA32569411
BN08145556
BN12933579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96002733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想