古地震探究 : 海洋地震へのアプローチ

萩原尊礼 編著

[目次]

  • 第1章 嘉保3年(永長元年、1096)11月24日と承徳3年(康和元年、1099)正月24日の地震-東海地震と南海地震
  • 第2章 元徳3年(元弘元年、1331)7月3日地震-『太平記』に見る紀伊千里浜隆起の疑問
  • 第3章 正平16年(康安元年、1361)6月24日前後の地震-南海大地震、震害と津波被害の検討
  • 第4章 文禄5年(慶長元年、1596)閏7月13日地震-伏見桃山地震の総括的見解
  • 第5章 慶長9年(1605)12月16日地震について-東海・南海沖の津波地震か
  • 第6章 正徳元年(1711)11月11日讃岐高松地震-史料不吟味による誤認
  • 史料編(宝永4年(1707)10月4日地震
  • 寛政元年(1789)4月16日地震
  • 文政2年(1819)6月12日地震 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古地震探究 : 海洋地震へのアプローチ
著作者等 山本 武夫
萩原 尊礼
大長 昭雄
松田 時彦
太田 陽子
書名ヨミ コジシン タンキュウ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1995.7
ページ数 306p
大きさ 22cm
ISBN 4130667017
NCID BN12928331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95078186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想