アラスカよりアリューシャンへ

塚本慶十郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 北の國へ / 17
  • 北想 / 17
  • ベンブリッジ島を顧みて / 19
  • 友に別れて / 22
  • 旅立ちの朝 / 23
  • 北の國へ / 27
  • アラスカの關門 / 30
  • 關門の哀話 / 31
  • 海豚と破船 / 35
  • トテム・ポールの話 / 37
  • 氷河のうなり / 42
  • アラスカの首腦地 / 44
  • 凋落の町 / 46
  • 西北カナダ巡遊 / 51
  • 國境を越えて / 51
  • ベンネット湖 / 54
  • 養狐園の村 / 55
  • 白馬の町 / 56
  • ラ・バージ湖まで / 59
  • 氷上の悲劇 / 61
  • ラ・バージ湖の由來 / 63
  • 露營を照らす極光 / 64
  • 氷解の日まで / 66
  • 鷲巣の岩 / 68
  • 死から逃れて / 70
  • 五本指急流 / 72
  • 雪どけの地 / 73
  • 金鑛の町 / 75
  • はかない望み / 78
  • クロンダイク河の悲哀 / 80
  • 傀儡師 / 85
  • 絢爛から落魄へ / 87
  • アラスカ横斷 / 94
  • 再び國境を越えて / 94
  • 可愛い花ちやん / 97
  • 土人の家 / 101
  • 夜半の太陽 / 107
  • 土人の共同墓地 / 109
  • 流氷の襲來 / 112
  • ユーコン流域の神の國 / 113
  • 露國移民地の殘跡 / 117
  • 人跡未踏の地 / 118
  • 天幕生活 / 121
  • 幻日と雪 / 121
  • 天幕小屋のボヤ / 123
  • 愈愈と鮭時が來た / 124
  • 死を冒して / 125
  • 流氷の國へ / 128
  • 獨立祭 / 132
  • 夜半に囀る小鳥 / 134
  • 懷しき蓬の葉よ / 135
  • 夏の土人部落 / 136
  • いぢらしい土人の子 / 140
  • 極地で食ふ田舎ぜんざい / 142
  • 嵐の日 / 145
  • 暑さと蚊群 / 146
  • 土人の誇る皮舟 / 148
  • アラスカの草花 / 151
  • 種子の力 / 156
  • 太古の面影 / 160
  • 俺の先驅者 / 163
  • 瓜二つ / 164
  • 盆の月 / 172
  • 土人の踊 / 175
  • 暗夜に叫ぶ鴨の群 / 179
  • 星の夜に次ぐ初霜の朝 / 181
  • 厄日前後の荒野の空 / 184
  • 袖珍鑵詰所の切斷面 / 187
  • 中天の奇蹟 / 194
  • 初雪夜の極光 / 196
  • 荒野を顧みて / 200
  • おおさらば雪を踏んで / 200
  • 壯麗なる宵の極光 / 202
  • 再びアンドレフスキーまで / 207
  • 日の出の虹 / 210
  • 避難所 / 212
  • セント・ミチェル港 / 215
  • 鳴らずの鐘 / 215
  • 雜沓する宿 / 217
  • 夢想の境 / 219
  • 屋中の人 / 221
  • 雪の夜を照らす極光 / 223
  • 極光をたづねて / 225
  • I・W・Wの告白 / 236
  • 屋階の窓から / 242
  • 最終船搭乘 / 246
  • 蜉蝣の群 / 246
  • 斷食三日 / 249
  • ダッチ港 / 250
  • アカタン灣 / 253
  • 閻魔の廳 / 255
  • 香橙一つ / 257
  • 生命の絆 / 259
  • 妙なる調 / 261
  • 幼兒 / 262
  • 流れゆく人懷しき塵埃の影 / 264
  • 霧の王國をさして / 266
  • 要塞の影 / 267
  • みにくき畫面 / 268
  • 北極地からの生還者 / 271
  • 群衆の廢頽 / 272
  • あとがき / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アラスカよりアリューシャンへ
著作者等 塚本 慶十郎
書名ヨミ アラスカ ヨリ アリューシャン エ
書名別名 Arasuka yori aryushan e
出版元 白水社
刊行年月 昭和18
ページ数 280p 図版 肖像 地図
大きさ 19cm
NCID BN12927077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46007793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想