日本女性史

井上清 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序章
  • 一 女性史の意味 國家の天皇制と家庭の天皇制 / 1
  • 二 原始の人類は母を中心とした / 7
  • 第一章 日本の原始共産制と母系氏族制
  • 一 原始共産制 / 15
  • 二 母系氏族制 / 19
  • 第二章 どれい制と家父長專制の成立
  • 一 農業のはじまりと女性 / 29
  • 二 どれい制の發生と女性のれいぞく / 33
  • 三 古代天皇制下の女性の生活・郷戸制 / 44
  • 第三章 どれい制より農奴制へ 平安時代の女性と家族制
  • 一 莊園制の發生と郷戸の崩壞 / 57
  • 二 平安貴族の女性とその文化 / 65
  • 三 農奴の成長と名主・武士 / 73
  • 四 平安時代の武士・地主・民衆の家族と女性 / 79
  • 第四章 封建制の發展と女性
  • 一 封建制の發展 / 91
  • 二 武士階級の家族制度と女性觀の變化 / 101
  • 三 室町・戰國時代の民衆女性の生活および宗教・藝術 / 114
  • 第五章 封建制の完成と家族制度
  • 一 江戸幕府・諸藩封建制の完成 / 125
  • 二 武士の家族制度と女性觀 / 136
  • 三 農民の家族 / 147
  • 四 町人の家族 / 161
  • 第六章 百姓・町人・女性の生活
  • 一 精神生活、勞働、衣食住、健康 / 169
  • 二 生活の破壞と娼婦制 / 180
  • 第七章 封建制に抗して
  • 一 近代的な男女・家族關係の芽ばえ / 189
  • 二 生産力の發展と女性 / 200
  • 三 封建制打倒の運動と女性 / 208
  • 第八章 明治維新と女性および家族
  • 一 近代天皇制の成立と女性 / 221
  • 二 維新後の農民女性 / 228
  • 三 資本主義の成立と女工 / 235
  • 四 半封建的家族制度はなぜのこつたか / 249
  • 第九章 女性解放のたたかい
  • 一 男女同權論の發展 / 265
  • 二 自由民權運動と女性の活動 / 275
  • 三 勞働階級の成長と女性 / 285
  • 第十章 資本主義の發展と女性
  • 一 戀愛の解放、青踏社 / 299
  • 二 勞働者農民女性の成長 / 310
  • 三 婦人の參政と解放の運動 / 324
  • 第十一章 むすび
  • 一 女性はどれだけ解放されてきたか / 331
  • 二 太平洋戰爭下の女性 / 341
  • 三 鐵火の試練をこえて / 347

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本女性史
著作者等 井上 清
書名ヨミ ニホン ジョセイシ
書名別名 Nihon joseishi
出版元 三一書房
刊行年月 昭和24
版表示 新版
ページ数 356p
大きさ 19cm
ISBN 4380670090
NCID BN02604821
BN03622578
BN12925286
BB07734331
BN0329022X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46013254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想