子どもの<暮らし>の社会史 : 子どもの戦後五十年

高橋勝, 下山田裕彦 編著

本書は、戦後における子どもの暮らしの変容過程をたどり、その生活世界の著しい変貌をイメージ豊かに描きだした。教育の社会史の新しい試みである。まず1903年代の子どもの暮らしをふり返ることからはじめ、敗戦直後、そして1960年代の高度経済成長期を経て現在にいたるまでの、波乱にとんだ歩みを六章に区分けし、それぞれの時期に特徴的な子どもの暮らしぶりを浮き彫りにしていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 子どもの「暮らし」の社会史-戦後の子どもの生活世界の変容過程をたどる
  • 第1章 子どもの「暮らし」-戦前と戦後(1930年代〜45年)
  • 第2章 戦後社会と子どもの「暮らし」(1945〜50年代)
  • 第3章 高度経済成長期の子ども(1960年代)
  • 第4章 情報化社会と「暮らし」の変容(1970年代)
  • 第5章 「学校化社会」と子ども(1980年代)
  • 終章 子どもの「暮らし」の現在-「豊かさ」の中の生活喪失(1990年代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの<暮らし>の社会史 : 子どもの戦後五十年
著作者等 下山田 裕彦
高橋 勝
書名ヨミ コドモ ノ クラシ ノ シャカイシ
出版元 川島書店
刊行年月 1995.7
ページ数 228p
大きさ 22cm
ISBN 4761005548
NCID BN12923316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96011147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想