近代哲学の精神 : 西洋形而上学の六つの大テーマと中世の終わり

ハインツ・ハイムゼート 著 ; 座小田豊 ほか訳

ヨーロッパ「近代哲学」の根本精神を、その歴史的起源および哲学の本質的な問いの連関から解き明かす。神と世界、魂と外的世界、存在と生動性など六つの基本的テーマを提示・論究し、「近代」の精神的特質を鮮明にする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 哲学史における近代の始まり
  • 第1章 神と世界-対立するものの統一
  • 第2章 有限なもののうちなる無限性
  • 第3章 魂と外的世界
  • 第4章 存在と生動性
  • 第5章 個体
  • 第6章 知性と意志

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代哲学の精神 : 西洋形而上学の六つの大テーマと中世の終わり
著作者等 Heimsoeth, Heinz
座小田 豊
宮武 昭
後藤 嘉也
本間 謙二
須田 朗
ハイムゼート ハインツ
書名ヨミ キンダイ テツガク ノ セイシン
書名別名 Die sechs grossen Themen der abendländischen Metaphysik und der Ausgang des Mittelalters. 5.Aufl
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 486
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.7
ページ数 422, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4588004867
NCID BN12920566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95079535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想