完本橘曙覧歌集評釈

辻森秀英 著

世俗を離れ自然と家族を愛し秀歌を残した歌人、橘曙覧。没後、正岡子規が「万葉以来の大歌人」と激賞した、橘の精神性の高さは、平和で豊かな現代社会でこそ注目されるものがある。本書は歌集中の長い詞書の原文・口語訳まで示した完全版評釈書である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 完本橘曙覧歌集評釈
著作者等 辻森 秀英
書名ヨミ カンポン タチバナ アケミ カシュウ ヒョウシャク
書名別名 Kanpon tachibana akemi kashu hyoshaku
出版元 明治書院
刊行年月 1995.6
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 4625411130
NCID BN12908447
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95069523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想