日本人の戦争観 : 戦後史のなかの変容

吉田裕 著

アジア・太平洋戦争の性格や植民地支配の認識をめぐって、なぜ閣僚らの「妄言」がくり返されるのか。国民の戦争観はどのように形成され、どう変化してきたか。一億総懴悔論、大東亜戦争肯定論、そして戦後五十年国会決議…。政治家・知識人の発言から戦記ものまで膨大な素材を検証し、戦争責任について国外向けと国内向けの「ダブル・スタンダード」が使い分けられてきたことを鋭く描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史意識は転換したか
  • 第2章 「太平洋戦争史観」の成立
  • 第3章 認識の発展を阻むもの
  • 第4章 ダブル・スタンダードの成立
  • 第5章 戦争体験の「風化」
  • 第6章 経済大国化のなかの変容
  • 第7章 ダブル・スタンダードの動揺
  • 第8章 歴史からの逃避

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の戦争観 : 戦後史のなかの変容
著作者等 吉田 裕
書名ヨミ ニホンジン ノ センソウカン
書名別名 Nihonjin no sensokan
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.7
ページ数 242, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4000017195
NCID BN12902826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95079663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想