フランス現代哲学の最前線

クリスチャン・デカン 著 ; 広瀬浩司 訳

「体系」が放棄され、「普遍的真理」が疑われる今、フランス哲学は複数的な真理の領域の再構築を試みる。人文社会科学・自然科学・芸術の問いかけと結びつく哲学的議論の現状を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史学・人類学・地理学と哲学
  • 第2章 美学と芸術
  • 第3章 構造と構造主義
  • 第4章 権力と欲望
  • 第5章 ポストモダンとシミュラークル
  • 第6章 言語、問題の分類、そして脱構築
  • 第7章 社会学・法学と哲学
  • 第8章 科学と哲学
  • 第9章 民主主義と自己制度化
  • 第10章 主体の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス現代哲学の最前線
著作者等 Descamps, Christian
広瀬 浩司
デカン クリスチャン
書名ヨミ フランス ゲンダイ テツガク ノ サイゼンセン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1995.7
ページ数 309p
大きさ 18cm
ISBN 4061492632
NCID BN12891016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95075772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想