カルシウム拮抗薬 : 解明された基礎と臨床への応用

矢崎義雄, 遠藤政夫 編

Caチャネルの分子構造が解明されるにつれて、Ca拮抗薬の作用はCaチャネルの特定の結合部位への選択的結合により発揮されることが明らかにされた。したがって本書ではCaチャネルの構造およびCa拮抗薬の結合部位に関する記載に重点がおかれた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(カルシウムチャネルとカルシウム拮抗薬の作用機序
  • カルシウム拮抗薬の種類と特徴
  • 臨床的有用性から見たカルシウム拮抗薬の進歩)
  • 基礎(カルシウムチャネルの分子構造と機能
  • カルシウム拮抗薬の臓器選択性のメカニズム
  • 臓器・組織・細胞から見たカルシウム拮抗薬の作用 ほか)
  • 臨床(カルシウム拮抗薬の臨床薬理学的特徴
  • カルシウム拮抗薬の病態に基づいた使い方
  • カルシウム拮抗薬の今後の動向)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルシウム拮抗薬 : 解明された基礎と臨床への応用
著作者等 矢崎 義雄
遠藤 政夫
書名ヨミ カルシウム キッコウヤク
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 1995.7
ページ数 300p
大きさ 27cm
ISBN 4753215156
NCID BN1288559X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95080145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想