「世間」とは何か

阿部謹也 著

古来から、日本人の生き方を支配してきた「世間」という枠組。兼好、西鶴、漱石らが描こうとしたその本質とは。西洋の「社会」と「個人」を追究してきた歴史家の視点から問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「世間」はどのように捉えられてきたのか
  • 第2章 隠者兼好の「世間」
  • 第3章 真宗教団における「世間」-親鸞とその弟子達
  • 第4章 「色」と「金」の世の中-西鶴への視座
  • 第5章 なぜ漱石は読み継がれてきたのか-明治以降の「世間」と「個人」
  • 第6章 荷風と光晴のヨーロッパ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「世間」とは何か
著作者等 阿部 謹也
書名ヨミ セケン トワ ナニカ
書名別名 Seken towa nanika
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1995.7
ページ数 259p
大きさ 18cm
ISBN 4061492624
NCID BN12885013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95076681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想