異境の発見

樺山紘一 著

中世ヨーロッパは、限られた情報をいかに受容し、東方と古代という空間的・時間的「異境」を見出したのか。大航海時代とルネサンスに先立つ世界認識の変容過程を探る書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 東方の「発見」(地図のうえの世界
  • 伝説と神話
  • 「見聞録」の見聞
  • 遠方の怪異
  • 対敵の姿態
  • 地球のかたち)
  • 第2部 古代の「発見」(「古代」と「近代」
  • 黄金のローマ
  • ギリシアとの遭遇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異境の発見
著作者等 樺山 紘一
書名ヨミ イキョウ ノ ハッケン
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1995.7
ページ数 240, 21p
大きさ 20cm
ISBN 4130230433
NCID BN12881668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95075910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想