幻想の津軽王国 : 『東日流外三郡誌』の迷宮

原田実 著

多くの謎に包まれた『東日流外三郡史』は、三春藩藩主秋田家の家史として藤井伊予・秋田孝季・和田長三郎吉次らによって江戸時代寛政年間に編纂されたものであるという。和田家に伝わる膨大な史料群は、果たして従来の歴史観を一新する史料なのだろうか。現地調査と徹底論争を通して『東日流外三郡史』の偽作の構造を解読する。

「BOOKデータベース」より

多くの謎に包まれた『東日流外三郡誌』は、三春藩藩主秋田家の家史として藤井伊予・秋田孝季・和田長三郎吉次らによって江戸時代寛永年間に編纂されたものであるという。和田家に伝わる膨大な史料群は果たして他に類を見ない特異な内容を有し、従来の歴史観を一新する可能性を秘めた史料なのだろうか。現地調査と徹底論争を通して『東日流外三郡誌』の偽作の構造を解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 魔界彷徨篇(和田家文書における新発見
  • 北辰のロマン派
  • アラハバキの原像と大元神信仰
  • 日本のアトランティス「十三湊」
  • 『東日流外三郡誌』と東北「巨石文明」
  • 奥州藤原氏をめぐる七つの謎
  • 『秀真伝』のツガル伝承)
  • 第2部 破邪顕正篇(津軽独立王国を建設した?荒吐族
  • 日高見国の謎と古代東北王国
  • 「和田家史料」群と『竹内文献』
  • 和田家史料群調査顛末
  • 「安日長髄」に関する暫定的所見
  • 『市民の古代ニュース』より)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 魔界彷徨篇(和田家文書における新発見
  • 北辰のロマン派
  • アラハバキの原像と大元神信仰
  • 日本のアトランティス「十三湊」 ほか)
  • 第2部 破邪顕正篇(津軽独立王国を建設した?荒吐族
  • 日高見国の謎と古代東北王国
  • 「和田家史料」群と『竹内文献』
  • 和田家史料群調査顛末 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻想の津軽王国 : 『東日流外三郡誌』の迷宮
著作者等 原田 実
書名ヨミ ゲンソウ ノ ツガル オウコク
出版元 批評社
刊行年月 1995.5
版表示 新装版
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 4826501897
NCID BA38239384
BN12875676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96056968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想