『市民ケーン』、すべて真実

ロバート・L.キャリンジャー 著 ; 藤原敏史 訳

映画史上ベストワンの傑作はどのように誕生したか。撮影のグレッグ・トーランド、美術のペリー・ファーガソン等々、各ジャンルの優れた人材がウェルズの野心的な要求に応えて実現した画期的な共同作業の過程を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『闇の奥』
  • 第2章 誰が脚本を書いたのか?-ウェルズとハーマン・マンキウィッツ
  • 第3章 映画セットの魔法と芸術-知られざる天才ペリー・ファーガソン
  • 第4章 グレッグ・トーランドと映画撮影技術の革命
  • 第5章 ウェルズの映画魔術の完成
  • 第6章 『偉大なるアンバーソン家の人々』の命運

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『市民ケーン』、すべて真実
著作者等 Carringer, Robert L
藤原 敏史
キャリンジャー ロバート・L.
書名ヨミ シミン ケーン スベテ シンジツ
書名別名 The making of Citizen Kane

Shimin ken subete shinjitsu
シリーズ名 リュミエール叢書 21
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.6
ページ数 247, 17p
大きさ 21cm
ISBN 4480873015
NCID BN12854370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95071135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想