邪馬台国論争

岡本健一 著

邪馬台国はどこか。全国各地が名のりをあげ、論争ははてしなく続く…。一九九四年、京都府丹後から「青龍三年鏡」が発見された。「卑弥呼の鏡」か。がぜん畿内説が優位にたった。しかし、北九州論者も猛反撃する。侃々諤々の大論争をわかりやすく整理し、さらに、前方後円墳に注目した独自の論を展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 青龍三年鏡の出現
  • 第1章 『魏志倭人伝』の世界
  • 第2章 卑弥呼の迷宮-「水行十日陸行一月」
  • 第3章 卑弥呼の鏡-銅鏡百枚
  • 第4章 卑弥呼の墓-大冢を作る
  • 終章 卑弥呼の最期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 邪馬台国論争
著作者等 岡本 健一
書名ヨミ ヤマタイコク ロンソウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 52
出版元 講談社
刊行年月 1995.7
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 4062580527
NCID BN12835092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95072249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想