敗戦前後 : 昭和天皇と五人の指導者

吉田裕 ほか著

敗戦と戦後処理の意味を問い直す。昭和天皇、近衛文麿、幣原喜重郎、片山哲、服部卓四郎、吉田茂-彼らの思想と行動を軸に、敗戦前後、日本の歩んだ道をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 未決の戦後処理
  • 第1章 近衛文麿-「革新」派宮廷政治家の誤算
  • 第2章 昭和天皇-裁かれなかった最高指導者
  • 第3章 幣原喜重郎-「平和外交」の本音と建前
  • 第4章 片山哲-社会民主主義者の民主主義「再発見」
  • 第5章 服部卓四郎-旧軍エリートの再軍備構想
  • 第6章 吉田茂-戦前戦後を通じた親米派

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敗戦前後 : 昭和天皇と五人の指導者
著作者等 吉田 裕
荒 敬
功刀 俊洋
荒川 章二
小田部 雄次
書名ヨミ ハイセン ゼンゴ
出版元 青木書店
刊行年月 1995.6
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 4250950255
NCID BN12826921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96000489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想