アウグスティヌス講話

山田晶 [著]

キリスト教神学の基礎を築いた古代ローマ末期の教父・アウグスティヌス。その青年時代は、放蕩無頼だったとする通説を、筆者は名筆『告白』の鋭い読解により覆し、子供までもうけて離別した内縁の女性こそ、アウグスティヌスに最も大きな影響を与えた人物と説く。「創造と悪」の章では、アウグスティヌスと道元の思想の共通点を指摘し、キリスト教と仏教の接点をも示した。キリスト教理解のための必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 アウグスティヌスと女性
  • 第2話 煉獄と地獄
  • 第3話 ペルソナとペルソナ性
  • 第4話 創造と悪
  • 第5話 終末と希望
  • 第6話 神の憩い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アウグスティヌス講話
著作者等 山田 晶
書名ヨミ アウグスティヌス コウワ
書名別名 Augusutinusu kowa
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.7
ページ数 272p
大きさ 15cm
ISBN 406159186X
NCID BN12822793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95072167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想