草木布  1

竹内淳子 著

木綿が普及するまで、人々はどのような衣生活を営んでいたのか-今なお山野の草木から糸を採り布を織る貴重な技術伝承者たちを各地に訪ねて、布づくりをめぐる忘れられた知恵のかずかずを記録し、風土に育まれたゆたかな生活文化を掘り起こす「布の風土記」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 木の布のぬくもり-まえがきに代えて
  • アイヌの機織り-北海道平取町二風谷
  • 奥州のタパと紙衣と紙布-宮城県白石市
  • 寒冷地に生まれたぜんまい白鳥織-秋田県岩城町
  • カラムシ栽培から、からむし織へ-福島村昭和村
  • 木綿の里を歩く-栃木県小山市 茨城県結城市
  • 下野国のアサ栽培と貢納布-栃木県西方村・小川町
  • 藕糸を織る-奈良県当麻町 東京都町田市
  • 雪中に生まれるしな布-新潟県山北町
  • 五箇山のアサと暮らし-富山県平村
  • 高原の村の麻衣-長野県開田村
  • 宿場町に栄えた葛布-静岡県掛川市

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 草木布
著作者等 竹内 淳子
書名ヨミ ソウモクフ
書名別名 Somokufu
シリーズ名 ものと人間の文化史 78-Ⅰ
巻冊次 1
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.7
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 4588207814
NCID BN12815313
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95070846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想