FM受信機 : 設計から修理まで

藤巻安次 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 FM電波
  • 1:1 変調 / p1
  • 1:2 側帯波 / p2
  • 1:3 FM電波の発生 / p9
  • 1:4 FM受信機の特長 / p12
  • 第2章 FM方式の利点
  • 2:1 Hi Fiであること / p15
  • 2:2 FM方式による雑音の軽減効果 / p20
  • 2:3 FMの雑音とその改善 / p22
  • 2:4 ディエンファシスによる雑音の減少 / p26
  • 2:5 同一チャンネルの混信 / p27
  • 2:6 隣接チャンネルの混信 / p28
  • 第3章 FM検波器
  • 3:1 FM検波器の原理 / p30
  • 3:2 フォスター・シーレー方式 / p35
  • 3:3 レシオ・デテクタ / p44
  • 3:4 Sカーブと歪の関係 / p51
  • 3:5 バランスのとり方 / p59
  • 3:6 多極管利用の復調回路 / p62
  • 第4章 RF回路及びコンバータ
  • 4:1 回路及びRF増幅 / p66
  • 4:2 コンバータ回路 / p84
  • 4:3 受信機の雑音 / p98
  • 第5章 IF回路及びリミッタ
  • 5:1 IF回路と利得 / p105
  • 5:2 IF回路の特性 / p111
  • 5:3 IFTの設計 / p116
  • 5:4 AM‐FM用IFT / p122
  • 5:5 リミッタ / p127
  • 第6章 AFC及び同調指示
  • 6:1 AFCの必要性 / p135
  • 6:2 AFC試験法 / p137
  • 6:3 AFCの作用 / p139
  • 6:4 AFC回路 / p143
  • 6:5 同調指示 / p150
  • 第7章 FMチューナ
  • 7:1 チューナの目的と構成 / p156
  • 7:2 チューナの実例 / p159
  • 7:3 マルチプレックス方式 / p163
  • 7:4 アンプとの接続 / p174
  • 7:5 スケルチ / p177
  • 第8章 FM受信機の実際
  • 8:1 受信機の諸形式 / p180
  • 8:2 FM専用受信機 / p182
  • 8:3 AM‐FM受信機 / p185
  • 8:4 トライアンプ / p188
  • 8:5 トランジスタFM受信機 / p191
  • 第9章 アンテナ
  • 9:1 FM電波の伝播 / p195
  • 9:2 アンテナの原理 / p197
  • 9:3 改良型アンテナと指向性 / p201
  • 9:4 FM受信の実際 / p203
  • 第10章 FM用部品
  • 10:1 VHFにおける部品の性質 / p206
  • 10:2 同調回路の設計 / p216
  • 10:3 FM用同調パック / p221
  • 第11章 調整
  • 11:1 調整用機器 / p225
  • 11:2 調整上の一般的注意 / p231
  • 11:3 耳だけで調整する方法 / p236
  • 11:4 テスタと調整棒の使い方 / p238
  • 11:5 テスオシを使う場合 / p242
  • 11:6 トラッキング / p246
  • 11:7 スィープ・ジュネレータとオシロスコープを用いる法 / p253
  • 第12章 修理
  • 12:1 扱い方にいついての注意 / p264
  • 12:2 故障した場合 / p266
  • 12:3 設計不良によるトラブル / p278

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 FM受信機 : 設計から修理まで
著作者等 藤巻 安次
書名ヨミ FM ジュシンキ : セッケイ カラ シュウリ マデ
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 1962
ページ数 283p
大きさ 22cm
NCID BN12809514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62008636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想