暗黒日記 : 戦争日記1942年12月~1945年5月

清沢洌 著 ; 橋川文三 編集・解説

昭和10年代の激動期に、「大東亜戦争は非常なる興亡の大戦争也、筆をもつ者が、後世のために、何等かの筆蹟を残すは、その義務なるべし-」という冷めた意識から、大東亜戦争へとひた走る、日本の軍部・政治家の行動を、冷徹なリベラリストの眼で見据え、克明に記録。「将来、大東亜外交史の資料とせんがため」に綴られた、稀有な日記。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暗黒日記 : 戦争日記1942年12月~1945年5月
著作者等 橋川 文三
清沢 洌
書名ヨミ アンコク ニッキ
出版元 評論社
刊行年月 1995.6
版表示 〔新装愛蔵版〕
ページ数 923p
大きさ 22cm
ISBN 4566050173
NCID BN12806775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95065056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想