「家族」という名の孤独

斎藤学 著

「偽りの家族」ではなく「真の家族」「生き生きとした家族」のために。人はなぜ「家族」を持とうとするのか。夫婦、親子それぞれが、依存し合いながらも「孤独」でいる現実をどう考えるべきなのか。「家族の心理」と「家族の真実」に迫る現代人必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「家族する」女性たち
  • 第2章 「愛しすぎる」女たち
  • 第3章 「殴る」男たちが求めているもの
  • 第4章 「健全な家族」という罠
  • 第5章 母と娘の「危うい関係」
  • 第6章 「子どもを愛せない」親たち
  • 第7章 「登校拒否すらできない」子どもたち
  • 第8章 「家族の仮面」がはがれるとき
  • 第9章 「もう一人の自分」が見えるとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「家族」という名の孤独
著作者等 斎藤 学
書名ヨミ カゾク ト ユウ ナ ノ コドク
出版元 講談社
刊行年月 1995.7
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 4062077183
NCID BN1280051X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95068851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想