民族の詩

藤間生大 著

[目次]

  • 目次
  • I ふるさとの詩 / 1
  • 朝鮮の詩と日本の詩 / 3
  • 一 ふるさとの歌 / 3
  • 無縁塚 / 3
  • 村井戸 / 7
  • 二 朝鮮の詩人たち / 9
  • 伝統との対決 / 10
  • 弾圧の中に一つの種 / 12
  • 三 近代詩人とふるさと / 13
  • 白秋と柳河 / 13
  • 大地と伝統の遊離 / 16
  • みちのくと啄木 / 18
  • 一つの弱さ / 21
  • 白秋と金素雲 / 23
  • 朝鮮詩人の歩み / 24
  • 日本人の民族意識 / 25
  • 日露戦争のあとで / 28
  • 四 近代詩からプロレタリア詩へ / 29
  • ふるさとの移りかわり / 29
  • プロレタリヤ詩人 / 32
  • 五 民族とふるさとの喪失 / 34
  • 民族の課題 / 34
  • 階級と民族 / 36
  • 民族の遺産 / 38
  • ある詩人の生涯 / 41
  • 一 歴史家 / 41
  • 大衆性 / 42
  • 民族の怒り / 43
  • 祖国回復の闘い / 46
  • 二 民族への裏切り / 48
  • 「文治政策」 / 48
  • ゆがめられた民族性論 / 51
  • 三 生きつづける民族のいのち / 53
  • 反日帝闘争 / 53
  • 独立運動 / 55
  • 孤立 / 56
  • 裏切り / 60
  • 詩人趙明熙 / 63
  • 四 哀感 / 67
  • 李光洙の小説 / 67
  • 民族文学の形成 / 74
  • 光洙文学の底流にあるもの / 79
  • 大衆の創意 / 83
  • 民族的表現 / 85
  • 一 ふるさとと詩人 / 85
  • 民謡 / 87
  • 日帝と封建的秩序 / 91
  • 二 民族性 / 93
  • 京の両班 / 93
  • 民族的特色 / 96
  • 三 大衆の不敗性 / 99
  • 文化遺産 / 99
  • 不敗の信念 / 102
  • 民謡の素材 / 103
  • 四 民族的表現 / 108
  • 「アジアは夜」の詩 / 108
  • 日本の近代詩人 / 112
  • 近代詩と民謡の分離 / 115
  • 現代詩の課題 / 119
  • 五 犠牲 / 120
  • ふるさと=民謡=民衆 / 120
  • 詩人=相淳 / 122
  • 残された問題 / 124
  • 「日本時事詩集」・「叛乱軍」について / 133
  • 悲しい時期 / 134
  • 民族の強い息吹き / 134
  • 学ばねばならないもの / 138
  • II 民族の歴史をになうもの / 141
  • 二つの歴史のあゆみ方 / 143
  • 一 歴史観 / 143
  • 二 歴史教育 / 145
  • 三 歴史に学ぶもの / 150
  • 頽廃と反撥 / 159
  • サークル活動の報告から / 167
  • あとがき / 187

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民族の詩
著作者等 藤間 生大
書名ヨミ ミンゾク ノ シ
シリーズ名 東大新書
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1955
ページ数 195p
大きさ 18cm
NCID BN12793629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55006920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想