殺人・呪術・医薬 : 毒とくすりの文化史

ジョン・マン 著 ; 山崎幹夫 訳

本書は、まず殺人や呪術に利用された毒を興味深く解説したのちに、現代の医薬品のルーツを、これらのいわば民族伝承薬の中に探り、薬理学についての平易な解説から始まって、抗生物質、生殖器・循環器・消化器系の医薬、鎮痛薬とトランキライザー、抗喘息薬、抗がん剤など、広範囲の医薬がつくられた歴史的展開について語っている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 殺人・呪術・医薬 : 毒とくすりの文化史
著作者等 Mann, J
Mann, J.
山崎 幹夫
Mann John
マン ジョン
書名ヨミ サツジン ジュジュツ イヤク
書名別名 Murder,magic and medicine
出版元 東京化学同人
刊行年月 1995.6
ページ数 299, 14p
大きさ 19cm
ISBN 4807904280
NCID BN12792943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95065533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想