博物誌 虫

ジュール・ミシュレ 著 ; 石川湧 訳

19世紀フランスの歴史家ミシュレは、自然への生き生きとした関心を持ち続けた。昆虫に関する書物をひもときながら、身近に接した虫たちを注意深く観察し、愛情をこめて書きとめた本書は、意欲し労働し愛しあう虫たちのきわめて人間的な生活を描き出す。のちのファーブル『昆虫記』の先駆的な作品となった、「自然史」=「博物誌」四部作の第二作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 変態(女の子の恐怖
  • あわれみ ほか)
  • 第2篇 技術(スワンメルダム
  • 顕微鏡-昆虫には容貌があるのか? ほか)
  • 第3篇 社会(暗黒の都市-白蟻
  • 蟻-家庭と婚姻 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 博物誌 虫
著作者等 Michelet, Jules
石川 湧
ミシュレ ジュール
書名ヨミ ハクブツシ ムシ
書名別名 L'histoire naturelle. L'insecte

Hakubutsushi mushi
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.7
ページ数 360p
大きさ 15cm
ISBN 4480082190
NCID BN12790008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96000887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想