立原道造全集  第4巻 (暁と夕の詩)

[目次]

  • 目次
  • I
  • 曉と夕の詩 / 11
  • I 或る風に寄せて / 12
  • II やがて秋…… / 14
  • III 小譚詩 / 16
  • IIII 眠りの誘ひ / 18
  • V 眞冬の夜の雨に / 20
  • VI 失なはれた夜に / 22
  • VII 溢れひたす闇に / 24
  • VIII 眠りのほとりに / 26
  • IX さまよひ / 28
  • X 朝やけ / 30
  • 薄明 / 32
  • 淺き春に寄せて / 34
  • ひとり林に…… / 36
  • うたふやうにゆつくりと…… / 38
  • 追憶 / 40
  • 石柱の歌 / 42
  • 不思議な川邊で / 44
  • 眞冬のかたみに / 48
  • 晩秋 / 50
  • ふるさとの夜に寄す / 52
  • 初冬 / 54
  • 歌ひとつ / 56
  • 歌ひとつ / 58
  • 午後に / 60
  • 何處へ? / 62
  • 夜に詠める歌 / 64
  • わがまどろみは覺めがちに / 68
  • 初夏 / 71
  • 草に寢て / 73
  • 風に寄せて / 75
  • 月の光に與へて / 85
  • 麥藁帽子 / 87
  • 失題 / 88
  • 唄 / 91
  • 魂を鎭める歌 / 93
  • II
  • ちひさき花の歌 / 99
  • 花散る里 / 118
  • 鳥啼く夕べに詠める歌 / 122
  • 鮎の歌 / 125
  • 物語 / 148
  • I 水晶の籠 / 148
  • II つめたい雨の晝のわかれ / 150
  • III 月のめえるへん / 152
  • IV 夏になる時 / 154
  • 物語 / 157
  • III
  • 斷章 / 169
  • 晝の手紙 / 171
  • 手紙 / 174
  • 第一信 / 174
  • 第二信 / 175
  • 彼の手記 / 191
  • 第三信 / 204
  • 抒情小曲集 / 206
  • 花卉 / 209
  • 「谷の遊び場」について / 212
  • 詩人の原理 / 216
  • 室生犀星論 / 219
  • 愛する神の歌 / 226
  • 歷史 / 227
  • 背景・像-斷片 / 231
  • クロスビイ詩抄 / 234
  • 遙かな問ひ / 236
  • 句論への試み / 239
  • 追悼 / 243
  • 詩集西康省 / 245
  • 風立ちぬ / 249
  • 補遺 / 274
  • IV
  • ノートIV 火山灰(昭和九年八月-昭和十三年八月) / 285
  • V
  • 手紙(昭和十二年) / 341
  • 解說 杉浦明平 / 447
  • 編註 / 451

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 立原道造全集
著作者等 立原 道造
書名ヨミ タチハラ ミチゾウ ゼンシュウ
巻冊次 第4巻 (暁と夕の詩)
出版元 角川書店
刊行年月 1958
版表示 限定版
ページ数 451p 図版
大きさ 19cm
NCID BN12775842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56016288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想