セルフ・ヘルプグループによる回復 : アルコール依存症を例として

平野かよ子 著

本書は、今日わが国において数多く発展してきているセルフ・ヘルプグループについて、アルコール依存症者の治療・回復をはかるAAに代表される自助集団のもつ特質を明らかにし、地域保健・福祉における相互支援の方法を、ひろく実際例を取り上げ具体的に考察したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 セルフ・ヘルプグループ(SHG)の研究の動向-AAを中心として
  • 第2章 セルフ・ヘルプグループとしてのAA
  • 第3章 AAミーティングの分析方法-視角と方法
  • 第4章 AAミーティング参加者の発言内容-その分析と考察
  • 第5章 地域保健・福祉におけるセルフ・ヘルプグループの意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セルフ・ヘルプグループによる回復 : アルコール依存症を例として
著作者等 平野 かよ子
書名ヨミ セルフ ヘルプ グループ ニ ヨル カイフク
出版元 川島書店
刊行年月 1995.5
ページ数 131p
大きさ 21cm
ISBN 4761005580
NCID BN12753453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96011149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想