大衆教育社会のゆくえ : 学歴主義と平等神話の戦後史

苅谷剛彦 著

本書は、欧米との比較もまじえ、教育が社会の形成にどのような影響を与えたかを分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大衆教育社会のどこが問題か
  • 第2章 消えた階層問題
  • 第3章 「階層と教育」問題の底流
  • 第4章 大衆教育社会と学歴主義
  • 第5章 「能力主義的差別教育」のパラドクス
  • 終章 大衆教育社会のゆらぎ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大衆教育社会のゆくえ : 学歴主義と平等神話の戦後史
著作者等 苅谷 剛彦
書名ヨミ タイシュウ キョウイク シャカイ ノ ユクエ
書名別名 Taishu kyoiku shakai no yukue
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.6
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 4121012496
NCID BN12747610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95068880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想