占領史録  上 (降伏文書調印経緯・停戦と外交権停止)

江藤淳 編

昭和天皇の「玉音放送」から九月二日の降伏文書調印に至る間、ソ連の北海道北半分の占領要求を米国が拒否するなど連合国側は対日占領実施のため激しい角逐を展開。八月三十日にマッカーサーが厚木に降り立ち、米軍が日本進駐を開始。中国大陸では日本降伏の報が駆け巡り、満洲国崩壊、三百万日本軍の武装解除と在留日本人の引き揚げなど、混乱が続いた。内部文書と重要証言による貴重な終戦の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 降伏文書調印経緯(マニラ会談
  • 厚木、横浜進駐
  • 降伏調印
  • 占領初期の改革)
  • 第2部 停戦と外交権停止(停戦と武装解除
  • 満洲と朝鮮
  • 中国大陸の終戦
  • インドシナ半島の終戦
  • 外交権の停止)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領史録
著作者等 江藤 淳
波多野 澄雄
書名ヨミ センリョウ シロク
書名別名 停戦と外交権停止

降伏文書調印経緯・停戦と外交権停止
シリーズ名 講談社学術文庫
巻冊次 上 (降伏文書調印経緯・停戦と外交権停止)
出版元 講談社
刊行年月 1995.6
版表示 〔新装版〕
ページ数 762p
大きさ 15cm
ISBN 4061591835
NCID BN1274663X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95070579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想