言語を生みだす本能  上

スティーブン・ピンカー 著 ; 椋田直子 訳

母語が思考を枠づける、とするサピア、ウォーフの言語決定論を実証的にしりぞけ、言語本能説の前提として、人は普遍的な心的言語で思考することをまず洞察する。さらに、文法のスーパールールが生得であること、その基本原理を幼児は母語に応用して言葉を獲得することを、最新の発達心理学等から確認する。チョムスキー理論をこえて、人がものを考え、言葉を習得し、話し、理解するとき、心の中で何が起きているかを解き明かす、アメリカで大きな反響をよんだベストセラー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 技能を獲得する本能-言語本能
  • 2 おしゃべり-ヒトのあるところ、必ず複雑な文法あり
  • 3 思考の言葉-心的言語
  • 4 言語の仕組み-生得のスーパールール
  • 5 言葉、言葉、言葉
  • 6 サウンド・オブ・サイレンス
  • 7 トーキングヘッズ-文を理解する心的プログラム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語を生みだす本能
著作者等 Pinker, Steven
椋田 直子
ピンカー スティーブン
書名ヨミ ゲンゴ オ ウミダス ホンノウ
書名別名 The language instinct
シリーズ名 NHKブックス 740
巻冊次
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1996.4
ページ数 312p
大きさ 19cm
ISBN 4140017406
NCID BN12725902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97002332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想