角θの不思議 : 角と図形と関数の性質を調べる

堀場芳数 著

角はいつから数学史に登場し、幾何学や図学、測量学、また数学そのものを発展させてきたのだろう。また、角という基本概念は、数学以外の分野でどのように利用されているのだろう。本書は、角に関係の深い図形や関数の性質を考え、そのオモシロサを楽しむ本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 角を利用する人類
  • 第2章 角と人間社会
  • 第3章 日常生活の中の角
  • 第4章 直線図形と角
  • 第5章 曲線・曲面と角
  • 第6章 自然科学と角
  • 第7章 コンピュータプログラム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 角θの不思議 : 角と図形と関数の性質を調べる
著作者等 堀場 芳数
書名ヨミ カク シータ ノ フシギ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1995.6
ページ数 298, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4062570718
NCID BN1272539X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95065433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想