常総の西洋学者

富村登 著

[目次]

  • 常総の西洋学者 目次
  • 常総の西洋学者
  • 西洋学の伝来 / p1
  • 常総地方の西洋学 / p6
  • 広瀬周伯、同周度 / p11
  • 飯塚伊賀七 / p17
  • 五木田有積
  • 一 有積の医学修業 / p20
  • 二 坪井信道の水海道来診 / p24
  • 三 秋場桂園母の病気と坪井信道、川本幸民 / p34
  • 四 竹内玄同の来診 / p59
  • 五 晩年と人物 / p65
  • 五木田敬造
  • 一 青年時代 / p83
  • 二 敬造と竹内玄同 / p90
  • 三 敬造竹内塾に入る / p94
  • 四 敬造と猪俣端英 / p102
  • 五 敬造の死 / p116
  • 五木田松濤
  • 一 其幼学 / p122
  • 二 天保時代の世相 / p125
  • 三 青年期の松涛 / p132
  • 四 松涛の玄同塾入門と其後 / p137
  • 附 五弓久文遺事
  • 五 安政五年から明治維新まで / p155
  • 六 明治維新当時の松涛 / p164
  • (一) 明治維新と医政革新
  • (二) 維新当時の水海道医業概観
  • (三) 東条静軒水海道に来る
  • (四) 医師組合結成並に種痘奨励の布達
  • (五) 痘瘡と痘苗
  • 七 松涛の大活躍期 / p199
  • (一) 人口調査と医師数
  • (二) 痘笛会社設立
  • (三) 医風高揚に尽した松涛
  • (四) 明治八年上京、医師共同病院設立の噂を聞く
  • (五) 官署嘱託医としての活動
  • 附 診察料の問題
  • (六) 医事集会所設立の請願、コレラの流行
  • (七) 茨城県の種痘規則
  • 八 晩年と子孫 / p242
  • 九 松涛遺稿 / p249
  • 附録 長崎土産の和蘭舶来品
  • (一) 文化五年のガラス徳利
  • (二) オランダ語の扇面と望遠鏡
  • 明治維新時代の常総
  • 一 明治維新時代 / p263
  • 二 維新後の旗本采地と其治安 / p264
  • 三 風紀 / p281
  • 四 徒党 / p295
  • 五 宗教 / p319
  • 六 備荒 / p334
  • 七 廻米 / p351
  • 八 明治初年の通貨 / p363
  • 九 水海道富商伝 / p376
  • 一〇 壬申戸籍 / p390
  • 題字 著者
  • 写真 野口多蔵

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 常総の西洋学者
著作者等 富村 登
書名ヨミ ジョウソウ ノ セイヨウ ガクシャ
書名別名 Joso no seiyo gakusha
出版元 常総文化史研究会
刊行年月 1962
ページ数 398p 図版
大きさ 19cm
NCID BN12719386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63002976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想