新選山のパンセ : 串田孫一自選

串田孫一 著

詩人・哲学者串田孫一(1915〜)の、山をめぐる随想集。ページをめくると、独特の詩的で平易な文章で綴られた、山靴やスキーで野山を逍遙する著者の世界がひろがる。雪を待つ高原の一本の枯れ草まで魅力的な表情を浮かべている、著者自身が選び再編成した決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 意地の悪い山案内
  • エーデルワイス
  • 残雪の頃
  • 山人の春
  • 三月の山の想い出
  • 春の山
  • 岩壁
  • 夏草の匂う日
  • 山村の秋
  • 山の夜風〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新選山のパンセ : 串田孫一自選
著作者等 串田 孫一
書名ヨミ シンセン ヤマ ノ パンセ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.6
ページ数 356p
大きさ 15cm
ISBN 4003114817
NCID BN12717733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95069704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想