ケルト美術への招待

鶴岡真弓 著

文字の使用を禁じられていたケルト人は、その民族的個性を、渦巻文様や組紐文様など抽象的で装飾性に富んだ作品として残した。その期間は、彼らが中央ヨーロッパで文明のリーダーシップを発揮していく紀元前700年頃から、のちにローマ・ゲルマンに追われてたどり着いたアイルランドなど極西の島嶼地方で花開かせた、初期キリスト教文化の時代にまで及んでいる。このヨーロッパの広大な空間を背景にしたケルト美術の華麗な世界を、多数の図版とコンパクトな解説によって紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ミクロのなかのマクロな世界
  • 第1章 ハルシュタット美術
  • 第2章 ラ・テーヌ美術
  • 第3章 ガリア美術の見方
  • 第4章 ケルト修道院文化
  • 第5章 装飾写本芸術の輝き
  • 第6章 ケルティック・リヴァイヴァル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケルト美術への招待
著作者等 鶴岡 真弓
書名ヨミ ケルト ビジュツ エノ ショウタイ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.6
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 448005636X
NCID BN12714258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95069259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想