漱石を読みなおす

小森陽一 著

19世紀末から20世紀の戦争の時代にあって、個々人の「個性」を置きかえ不可能な差異として認め、「自己本位」の孤独な闘いに生きた漱石。漱石とは誰かという問いに対する固定した答えを裏切りつづける、永遠の差異化運動=「漱石」。このミステリアスな作家の生涯と文学を新たにたどりなおし、その魅力を鮮やかにくみあげたフレッシュな再入門書。また漱石が面白くなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 猫と金之助
  • 第2章 子規と漱石
  • 第3章 ロンドンと漱石
  • 第4章 文学と科学-『文学論』の可能性
  • 第5章 大学屋から新聞屋へ
  • 第6章 金力と権力
  • 第7章 漱石の女と男
  • 第8章 意識と無意識
  • 第9章 個人と戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石を読みなおす
著作者等 小森 陽一
書名ヨミ ソウセキ オ ヨミナオス
書名別名 Soseki o yominaosu
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.6
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4480056378
NCID BN12714225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95069516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想