日本仏教の思想 : 受容と変容の千五百年史

立川武蔵 著

この世界は「空」か、「真実の姿」か。日本仏教は何を求め、伝来仏教の何を捨てたか。最澄、空海、法然、道元、日蓮ら知のスーパースターたちの思索を辿り、日本仏教の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ アニミズムの風土の中へ
  • 第1章 人も自然も仏性をもつ-日本仏教のキーワード
  • 第2章 日本仏教の誕生
  • 第3章 日本仏教史の巨人、最澄と空海
  • 第4章 民衆の中へ-鎌倉仏教という展開
  • 第5章 世俗化する室町仏教
  • 第6章 国民皆仏教徒-江戸幕府の統制
  • 第7章 再び世界の構造を求めて
  • エピローグ 仏教に何を期待するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本仏教の思想 : 受容と変容の千五百年史
著作者等 立川 武蔵
書名ヨミ ニホン ブッキョウ ノ シソウ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1995.6
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4061492543
NCID BN12713903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95064997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想