日本の森と海に未来はあるか : 森に訊け3

橋本克彦 著

環境問題はこの10年でどのように変化したか。釧路湿原から石垣島まで列島の自然を自らの足で点検し、問題解決への根本的処方箋を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 開発計画で釧路湿原が衰える
  • 自然と人の共生をめざす屋久島
  • 白神山地ブナ原生林を見守る男たち
  • 滋賀県民の琵琶湖浄化への情熱
  • 欧米なみの日本の酸性雨がもたらすもの
  • 住民の願いを無視した長良川河口堰工事
  • 処理不能間近の東京都ゴミ処分場の苦悩
  • 海岸浸食で痩せ細る日本列島
  • 四万十川を「最初の清流」に
  • 南アルプススーパー林道の傷跡
  • 石垣島の海と珊瑚礁が危ない!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の森と海に未来はあるか : 森に訊け3
著作者等 橋本 克彦
書名ヨミ ニホン ノ モリ ト ウミ ニ ミライ ワ アルカ
出版元 講談社
刊行年月 1995.5
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 4062073951
NCID BN12707398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95061925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想