生命は熱水から始まった

大島泰郎 著

本書は、好熱菌を手がかりに"原始生命は熱水中で生まれた"という一風変わった生命起原論を展開する。これを通して、好熱菌や古細菌、あるいは生命の起原や初期進化に思いをはせれば、太古のロマンを堪能できるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 進化生化学の始まり
  • 第2章 二界分類法と細胞進化共生説
  • 第3章 古細菌
  • 第4章 生命の熱水起原説
  • 第5章 原始細胞を推理する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命は熱水から始まった
著作者等 大島 泰郎
書名ヨミ セイメイ ワ ネッスイ カラ ハジマッタ
シリーズ名 科学のとびら 24
出版元 東京化学同人
刊行年月 1995.6
ページ数 141, 5p
大きさ 19cm
ISBN 480791264X
NCID BN12703794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95065453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想