電子メディア論 : 身体のメディア的変容

大沢真幸 著

電話、文字と声、カフカの小説、ザッピング・テレビ、広告などの具体的な分析を通して、電子メディアによる身体感覚の変容を詳細に跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 電話するボブの二つの信念
  • 2 電話の快楽
  • 3 メッセージとマッサージ
  • 4 文字の文化
  • 5 聞こえない声
  • 6 マス・コミュニケーションの儀式
  • 7 マスコミへの理由なき従属
  • 8 超パノプティコンの機能
  • 9 権力の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電子メディア論 : 身体のメディア的変容
著作者等 大沢 真幸
書名ヨミ デンシ メディア ロン
書名別名 Denshi media ron
シリーズ名 メディア叢書
出版元 新曜社
刊行年月 1995.6
ページ数 352p
大きさ 20cm
ISBN 4788505215
NCID BN1270196X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95061613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想